マインドマップで出来ることをご紹介します【やり方は自由でOKです!】

その他

最近よく耳にするにするようになってきたマインドマップですが

  • 「なんか使い方が難しそう」
  • 「大きい紙が必要なんでしょ?めんどくさい」
  • 「結局、メモの方が最強」

などの理由で、まだ使ったことのないあなたに
便利さを共有できればと思い、この記事を書きます。

ぜひ最後までお付き合いください。

ポコひろ
ポコひろ

実は僕自身、もとは上記の理由から

マインドマップ否定派、というかやらず嫌いでしたが

便利さを知ってからは、無くてはならないものとなりました!

マインドマップとは

出典:マインドマップの学校

上の図のような、一見「なんのこっちゃ」という
落書きのようなものこそがマインドマップです。

その歴史は古く1960年代にイギリス人のトニーブザンという方が
提唱したもので、そこから世界中で使われるようになりました。

頭を活性化するノート術と言われていて、

・全体像が見える
・脳の思考が活性化する

などのメリットがあります。
さらに書き方については、

・無地の紙に書く
・横書きで書く
・カラフルにする
・絵を入れる

など、推奨されているものはありますが、
ここでは書き方はあまり意識せずに
便利さ・快適さに着目して記事を進めて行きます。

マインドマップの使いどころ

ポコひろ
ポコひろ

様々な場面で使えますが、ポコひろ的には

考えがまとまらない、要点が定まらない時などに

使っています!

では実例でご紹介します。

ブログの構成をまとめる

個人的にはこの使い方はMUSTだと思っています。

以前は「このテーマ」について書こうと決め、
いざ書き始めると、要点が纏まっておらず、
ただダラダラと考える時間を浪費していました。

では実際に「この記事」を書くにあたって作成した
マインドマップをご覧ください。

僕の場合は、h2、h3などの見出しになる項目を纏めて
ブログを書く手が止まらないためのサポートとして使っています。

また、書いたマインドマップをアウトライナー表示することで
リスト化出来るので、それも便利で使っています。

ポコひろ
ポコひろ

ブログは苦行だと感じているあなたは

ぜひお試しください(笑)

世界が変わりますよ!

考えることが大変なことを纏める

漠然としすぎているので、もう少し具体例を挙げます。

新メニューを考える(飲食店など)

ひとつのメニューを考える際に、
食材、調味料、火加減、など様々な要素に気を配る必要があると思います。

そんな時こそマインドマップの出番です。

それぞれの項目をたくさん枝分かれさせながら
失敗したら、消したり追加したり、修正をしていくことで
見やすいレシピが完成します。

この時、メモ用紙に書きながらでは乱雑になり
書いていることが分からなくなってしまうことが
あるかもしれません。

企業での使い道

会議の意見出し、などにも使えます。

意見に対して、課題を追求し、深堀りすることも可能なので、
中身の濃い会議にもなること間違いなしです。

それ以外にも従業員との個人面談などにも使えます。

聞く側と答える側、双方で共有して見える化できるので
目標設定などが明確になり、分析に効果を発揮します。

メモのように使う

学校の授業内容メモや議事録を書く時などに
マインドマップを使える人は相当の達人だと思いますが

打合せ時のメモや旅行の計画を立てる際には
効果を発揮すると思います。

メモとの違いは?

ではメモとの違いは何でしょう?

これはポコひろ個人の話になりますが
メモを取っても僕はそれを活用できないのです。

理由は以下の2つです。

メモを見返さない・・・

僕は書くだけ書いて、見返す習慣がありません。

字が汚い、というのも理由のひとつですが
書いただけで安心してしまう性格なのかもしれません。

メモで考えが纏まらない・・・

手帳などにメモをすると文字の羅列になってしまうため
何より見づらいです。

アイディアを広げようにも
書くスペースが足りなかったりしたらげんなりです。

しかも、内容を纏めるためには
もう一度新しいページに書き直す必要がありました。

そこで、ただ一時書き留めるだけでいい場合は「手書きメモ」
アイディアを練る必要がある場合は「マインドマップ」にメモしてから
後で広げて考えるように使い分けすることにしました。

マインドマップのツール紹介

手書き派の方は、大きな紙に書くことをお勧めしますが
各社から有料ツールや無料のソフトが提供されています。

ポコひろ
ポコひろ

パソコンやスマホでマインドマップを書く方が

紙よりも場所を選ばず効率的だと思います!

ポコひろのおススメは(というかこれしか使ったことありませんが)
XMindというツールです。

pro版という有料プランもありますが、
基本的な利用方法であれば無料版で必要十分です。

操作方法も文字入力以外は「TABキー」と「Enterキー」しか使わないので
直感的に簡単操作できます。

スマホアプリもあるので、
電車移動中などにも手軽に使うことが出来ます。

その他のツールもご紹介しておきます。

  • iMindMap
    • マインドマップ提唱者であるトニーブザンが推奨
  • MindMeister
    • Googleドライブで共有できる(有料)
  • FreeMind
    • フリーソフト
  • Mind42
    • フリーソフト
    • インストール不要、オンライン

マインドマップについてのまとめ

ここまでで、マインドマップの魅力は伝わったでしょうか?
始めは抵抗があったポコひろは使ってみたら虜になりました。

「こんなことに使えるのかな?」
「やっぱり難しそうだな・・」

と、考える前にぜひ使ってみて下さい!
結構簡単で便利です。

ちなみにポコひろはマインドマップの回し者ではないです(笑)
純粋にお勧めしたいだけです!

書き方のルールなど気にせず、自己流でお試しください!

もし分からないことがあれば、お気軽に聞いてくださいね。

お問い合わせはこちら

ポコひろ
ポコひろ

ポコひろのTwitterでは、
共感を持ってもらえるようなあるあるネタや

お役立ち情報をつぶやいているので、
ぜひフォローお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました